関節リウマチ

自己免疫システムは自律神経がコントロールしている!?

自己免疫システムは自律神経がコントロールしている!?

関節リウマチとは、関節が炎症を起こし、軟骨や骨が破壊されて関節の機能が損なわれてしまう症状のことをいいます。放っておくと関節が変形してしまう病気で、多くの場合は腫れや激しい痛みなどを伴います。手足の関節で起こりやすく、関節を動かさなくても痛みが生じ、左右の関節で同時に症状が起こるのも特徴です。

日本国内の関節リウマチを患っている人数は82.5万人と推定されています。男女比では男性一人に対して女性は3人と圧倒的に女性が多く、40~60代に多くみられる症状となります。

人間の体には206個の骨がありますが、両手56個、両足54個と骨は手足に集中しています。それは、それだけ使用頻度が高く、繊細な動きを要求される関節だからですが、そこに症状が出てしまうと日常生活にも大きな支障をきたしてしまいます。

手に痛みが出ていて、毎日の仕事や家事が苦痛という人も多いのではないでしょうか?

このコラムでは、関節リウマチに対する正しい知識と、一般的な治療法とカイロプラクティックでの対策法の違いをお伝えしていきます。

こんな経験したこと
ありませんか?

  • 手の痛みやこわばりで家事ができない
  • 指が変形して人目が気になり外出を控えている
  • 日によって痛みが出る関節が異なり対応に困ってしまう
  • 動かすたびに痛みが強く出てしまうのでパソコン作業ができない
  • 日に日に関節の可動域が低下していて生活が不自由になった

一般的な関節リウマチに対しての治療法common medical care
一般的な腰痛に対しての治療法
リウマチの治療法は、関節の変形が重度の場合は手術療法も適応となりますが、基本的には痛み止めや炎症を抑える鎮痛薬、関節が変形する症状の進行を抑える抗リウマチ薬、免疫反応を抑えるステロイド薬などの薬物療法が中心となります。

これらの薬は、使用しているときは一時的に症状が軽減することもありますが、やめるとすぐに元に戻ってしまうということも少なくありません。

関節リウマチは「自己免疫疾患」とも呼ばれており、現代医療では、ハッキリとした原因は分かっていません。そのため、体質的にかかりやすい人が何らかの原因によって発症すると考えられており、細菌やウイルスなどの感染症、日常生活でのストレス、暴飲暴食、アルコールやカフェインの過剰摂取、過労、喫煙、睡眠不足、妊娠や出産などをきっかけに発症するのではと考えられています。

これらの外的要因を見直すことが関節リウマチの対策法とされていますが、どれも根本的な改善とはならず、その場限りの対処法となってしまいます。

考えてみてください。もし生活環境の乱れや精神的なストレスなどの外的要因が関節リウマチの原因だとしたら、なぜ関節リウマチになる人とならない人がいるのでしょうか?

ここで重要なことは、関節リウマチの対策法として外的要因に意識を向けるのではなく、体の内に意識を向けることです。日常生活ではさまざまなストレスを受けますし、生活習慣が乱れることや環境が変化することもあります。

それらの変化に対応し続けることは大変な作業です。だからこそ関節リウマチの対策として体の内に意識を向けることが大切です。

そもそも関節リウマチは「何かがおかしいですよ!今、体に負担がかかっていますよ!」と体が危険な状態だと教えてくれている体の内からの大切なSOSのサインです。

その体からの大切なサインをただ薬で消してしまうのではなく、問題となっている根本原因を見つけることが重要です。

カイロプラクティックでは、体の内に問題の根本原因が存在していると考えます。さまざまな検査法で問題の根本原因を特定し、関節リウマチに対してアプローチしていきます。
カイロプラクティックでのアプローチchiropractic approach
カイロプラクティックでのアプローチ
「自己免疫」とは、細菌やウイルス、腫瘍などの自己と異なる異物を排除するための役割を持つ免疫システムのことをいいます。この自己免疫システムが、本来の働きをせずに自分自身の正常な細胞や組織に対して過剰に反応し攻撃を加えてしまうことを、関節リウマチを含めた『自己免疫疾患』と呼んでいます。

人間の自己免疫システムをコントロールしているのは自律神経です。

交感神経が優位になると、体内では顆粒球の比率が上昇します。顆粒球とは、殺菌作用がある成分を持つ白血球の一種で「好酸球」、「好中球」、「好塩基球」の3種類があります。

副交感神経が優位になると、体内ではリンパ球の比率が上昇します。リンパ球とは、抗体を作って抗原を攻撃したり、汚染細胞を処理したりする白血球の一種で「ヘルパーT細胞」、「キラーT細胞」、「制御性T細胞」、「B細胞」、「NK細胞」があります。

自己免疫システムの暴走とは、この顆粒球やリンパ球の乱れによって自己の細胞などを攻撃し破壊してしまう状態のことをいいます。つまり自律神経のバランスが乱れるということは、自己免疫システムが暴走してしまうことを意味します。

重要なことは、脳と体を繋いでいる「神経の流れ」です。 脳と体を繋ぐ神経の流れに異常があると、脳は体の状態を把握できず適切な対処を行うことができません。

つまりどれだけ薬を飲もうと、また生活習慣を見直したところで、関節リウマチの根本改善とはならないのです。体の情報を脳へ届けてあげれば、脳は決して間違いを起こさずに、正しく対処してくれます。

カイロプラクティックケアで関節リウマチの根本原因を解消し、快適な毎日を過ごしましょう!

関節リウマチの症例紹介case introduction

pagetop