逆子

逆子はママの体を心配している<br />
赤ちゃんからのサイン!

逆子はママの体を心配している
赤ちゃんからのサイン!

日本ではカイロプラクティックの認知度が低く、妊娠期間中にカイロプラクティックケアを受けるという発想の人はとても少ないでしょう。

妊娠から出産まで、お腹の中の赤ちゃんがすくすくと発育していくためには、お母さんの体調管理は何よりも重要です。

カイロプラクティックは腰痛や肩こりの専門家と見られている人が大半だと思いますが、実はお母さんの健康と赤ちゃんの発育に何よりも重要な“神経”と“脳”の専門家です。

このコラムでは、逆子に対する正しい知識と、一般的な治療法とカイロプラクティックでのアプローチの違いをお伝えしていきます。

こんな経験したこと
ありませんか?

  • 初めてのことに得も言われぬ不安感がある
  • 逆子と言われ、安全に出産できるのか不安がある
  • お腹の赤ちゃんが健康に育っているのか心配
  • 自分の体が悪いと自らを責めてしまう
  • 不安な気持ちで出産に対して前向きになれない

一般的な逆子に対しての治療法common medical care
一般的な腰痛に対しての治療法
逆子は、医学的に骨盤位といいます。

一般的に逆子の原因として、子宮の異常、前置胎盤、骨盤が狭い、双子、羊水の過少/過多、子宮内胎児発育遅延などがあるといわれていますが、実際のところ明確な原因は分かっていません。

逆子というと大事のように聞こえますが、妊娠中期までは40%の赤ちゃんが逆子の状態といわれています。

それが妊娠27~28週になって赤ちゃんの体重が1kgを超えてくると、逆子だった赤ちゃんも頭位(頭が下)の状態になっていきます。

30週になると85%、34週になると90%以上が頭位となり、36週になると95%赤ちゃんが頭位となります。

つまり妊娠中期で逆子といわれても、妊娠後期にはほとんどの赤ちゃんが頭位(頭が下になっている正しい位置)になっているということです。

一般的な逆子の治療法は、外回転術を受けるか、簡単な逆子体操を受けるしか方法がありません。

外回転術とは、妊娠中にお腹の外から赤ちゃんを回転させる手技療法のことをいいます。

リスクとしては、まれに胎盤が剥離して胎児心拍異常や出血などの症状があり、その場合は緊急での帝王切開が必要となります。

出産直前まで逆子の赤ちゃんは全体の3~5%といわれています。

逆子のままだと早期破水や早産の可能性が高まります。それ以外でも逆子での出産は赤ちゃんの頭が骨盤に引っかかってしまうなどのリスクがあるため、そのほとんどは帝王切開手術が必要となります。

そのため不安を抱いたまま出産を迎えるお母さんも少なくはありません。

カイロプラクティックでは、体の内に問題の根本原因が存在していると考えます。さまざまな検査法で問題の根本原因を特定し、逆子に対してアプローチしていきます。
カイロプラクティックでのアプローチchiropractic approach
カイロプラクティックでのアプローチ
巷では逆子に対して無責任な記事が出回っていたりしますが、まず大前提として逆子だからといって赤ちゃんの脳の発達や形態的な異常が出るということは医学的にも考えられていないので安心してください。

子宮は筋肉によって構成されている臓器で、骨盤の中にある洋ナシを逆さまにしたような形状をしています。

子宮内腔は三角状で下の方が尖っているため、赤ちゃんの頭が下向きになり両手足を曲げた姿勢とぴったり合うようになっています。

赤ちゃんがまだ小さな妊娠初期から中期では、子宮内を活発に動き回るスペースが確保されています。そのため赤ちゃんはお母さんのお腹の中でさまざまな向きに変えながらすくすくと成長していきます。

妊娠後期で赤ちゃんの体が大きく成長すると、体の中で最も重い頭が自然と下に向いてきます。これは、もちろん出産がスムーズに行われるためでもありますが、それ以外にもう一つ理由があるといわれています。

赤ちゃんの成長に必要な栄養はへその緒を通して血液によって運ばれていきます。このとき多くの酸素が送られますが、赤ちゃんに送られた酸素の7~8割は脳で消費するといわれています。

赤ちゃんの成長に一番重要な脳へ効率よく酸素が運ばれるために頭位(赤ちゃんの頭が下を向いた状態)になります。

カイロプラクティックでは、逆子の原因として2つのアプローチを考えます。

まず、もっとも重要なことはお母さんの全身に張り巡らされている“神経の流れ”です。

脳は神経を通じて体の情報を得ています。神経機能に異常が生じると、お母さんの脳はお腹の中にいる赤ちゃんの状態を100%把握することができなくなります。

その結果、赤ちゃんの成長に好ましくない逆子の姿勢であったとしても改善が難しくなります。

もう一つの原因はお母さんの骨盤にあると考えます。

お母さんの骨盤は出産に向けて徐々に広がっていきます。これは、妊娠期間中にはリラキシンというホルモンが分泌され、骨盤を中心に体の靭帯が緩んでくるために起こります。

このときお母さんの骨盤部には大きな負荷がかかります。子宮は靭帯によって骨盤と繋がっており、ちょうどハンモックのように宙づりの状態となっています。

お母さんの骨盤のバランスが乱れていると子宮の捻じれにつながります。すると子宮内のスペースが狭くなり赤ちゃんが子宮内を自由に動くことが困難になります。

窮屈になった赤ちゃんはその狭くなったスペースから逃れるように逆子の状態となってしまいます。

つまり逆子とは、赤ちゃんからお母さんへのSOSのサインだと考えられます。お母さんの体に異常が生じていると教えてくれているのです。

出産やお腹の中の赤ちゃんの発育には、お母さんの健康は欠かすことができません。

健康にもっとも重要なことは、脳から全身に張り巡らされている神経です。カイロプラクティックは神経の流れを正常にすることを目的としています。

神経の流れが正常に機能していれば、お母さんの脳はお腹の中の赤ちゃんの状態を正しく判断することができ、出産に必要なホルモンを最適な量に調整してくれます。

また骨盤を安定させることで、赤ちゃんの成長に必要な子宮のスペースを十分に確保することにもつながります。

お母さんと赤ちゃんが安心して妊娠期間をすごすためにも、カイロプラクティックケアで神経の流れを整えることをおススメします!

逆子の症例紹介case introduction

pagetop