眼精疲労

なかなか改善しない眼精疲労は神経の問題!?

なかなか改善しない眼精疲労は神経の問題!?

眼精疲労とは、目の違和感だけではなく、「頭痛」、「吐き気」、「肩こり」など全身症状を伴う上、休息や睡眠をとっても改善しない症状のことをいいます。

疲れ目とは、「目の痛み」、「かすみ」、「眩しさ」、「充血」など、目に何か違和感があるものの、休息や睡眠によって十分に回復するもので、眼精疲労とは疲れ目が慢性化している状態ともいえます。

人間は、生きる上でさまざまな情報を得ていますが、人間の五感による知覚の割合は、視覚83%、聴覚11%、嗅覚3.5%、触覚1.5%、味覚は1%といわれています。なんと人間が受け取る情報のうち、8割以上は視覚からの情報となります。

パソコンやスマートフォンの普及は現代人の目を酷使させ、日本人の85%以上が目になんらかの症状を感じているといわれています。

人間の体はそれほど弱くはないため、目の疲労も徐々に溜まっていき、気づいたときには眼精疲労が進行してしまい、困っている人も多いのではないでしょうか?

このコラムでは、眼精疲労に対する正しい知識と、一般的な治療法とカイロプラクティックでの対策法の違いをお伝えしていきます。

こんな経験したこと
ありませんか?

  • 眼精疲労グッズを試したがまったく改善しない
  • 目をつむると目の痛みが気になって入眠まで時間がかかる
  • パソコンやスマートフォンを見るのがしんどくなってきた
  • 頭痛や吐き気が止まらないほど目が痛む
  • 集中力が低下して仕事が手に付かなくなる

一般的な眼精疲労に対しての治療法common medical care
一般的な腰痛に対しての治療法
眼精疲労の一般的な対策は、メガネの度調整、ブルーライトカットメガネ、ビタミン点眼薬、調節機能を改善する目薬、目の周りを温める、目の周りを冷やすなどがあります。

また近年では、さまざまな眼精疲労グッズが出ており、市販の物でもホットアイマスクや目元をマッサージする機器などもあります。

眼精疲労になる原因としては、日常生活でのストレス、パソコンやスマートフォンなどの電子機器、過労、睡眠不足、生活習慣の乱れなど外的要因が考えられます。

これらの外的要因を見直すことが眼精疲労の対策法とされていますが、どれも根本的な改善とはならず、その場限りの対処法となってしまいます。

考えてみてください。もし生活環境の乱れや精神的なストレスなどの外的要因が眼精疲労の原因だとしたら、なぜ眼精疲労になる人とならない人がいるのでしょうか?

ここで重要なことは、眼精疲労の対策法として外的要因に意識を向けるのではなく、体の内に意識を向けることです。日常生活ではさまざまなストレスを受けますし、生活習慣が乱れることや環境が変化することもあります。

それらの変化に対応し続けることは大変な作業です。だからこそ眼精疲労の対策として体の内に意識を向けることが大切です。

そもそも眼精疲労は「何かがおかしいですよ!今、体に負担がかかっていますよ!」と体が危険な状態だと教えてくれている体の内からの大切なSOSのサインです。

その体からの大切なサインをただ薬で消してしまうのではなく、問題となっている根本原因を見つけることが重要です。

カイロプラクティックでは、体の内に問題の根本原因が存在していると考えます。さまざまな検査法で問題の根本原因を特定し、眼精疲労に対してアプローチしていきます。
カイロプラクティックでのアプローチchiropractic approach
カイロプラクティックでのアプローチ
眼精疲労と聞くと、単純な目の酷使と思われがちですが、実は神経が関係しています。誰しもパソコン作業やスマートフォンなど目を酷使すれば疲労は溜まるものですが、休息や睡眠をとっても改善しないということは問題があります。

カイロプラクティックで着目したいのは『自律神経』です。

眼精疲労による「目の痛み」、「かすみ」、「充血」は、血行不良が起こっているというイメージはつきやすいと思いますが、血行は血管の拡張/収縮によって行われています。その血管の働きをコントロールしているのが自律神経となります。

人間は外部の環境の変化があった場合、神経と通じて脳へ情報を送ります。その情報が正しく脳へ伝わらない状態とは、視覚を司る神経にも負担がかかっていることを意味します。

自律神経のバランスが乱れ、血管の拡張/収縮が上手くいかなくなると、目に酸素や栄養素が行き渡らなくなり、疲れ目を起こしやすい状態となり、慢性化することで眼精疲労となるのです。

また、交感神経が過剰に働くと涙の分泌量が減少してドライアイを引き起こしやすくなりますが、日常生活でパソコンやスマートフォンなどの電気機器を見ると目からブルーライトを吸収し、交感神経をさらに刺激します。そうなるとさらなる悪循環となり、眼精疲労が進行してしまいます。

重要なことは、脳と体を繋いでいる「神経の流れ」です。 脳と体を繋ぐ神経の流れに異常があると、脳は体の状態を把握できず適切な対処を行うことができません。

つまりどれだけ薬を飲もうと、また生活習慣を見直したところで、眼精疲労の根本改善とはならないのです。体の情報を脳へ届けてあげれば、脳は決して間違いを起こさずに、正しく対処してくれます。

カイロプラクティックケアで眼精疲労の根本原因を解消し、快適な毎日を過ごしましょう!

眼精疲労の症例紹介case introduction

pagetop