生理痛

生理痛を感じる人は<br />
全体の80%以上!

生理痛を感じる人は
全体の80%以上!

生理痛は、症状が出ない人、または男性には理解してもらうことが難しく、悩んでいる女性も多いのではないでしょうか?

生理痛は、若い人や出産経験のない人に多いとされており、生理のたびに生理痛を感じる人は全体の30%、たまに生理痛を感じるという人まで入れると、なんと全体の80%以上が感じているといわれています。

単純に生理痛といっても痛みの度合いや長さなどは人それぞれで、薬を飲めばなんとか動けるという人もいれば、生理初日には身動き一つ取れないという人もいます。

生理の2週間前から症状が強くなる人もいれば、生理が始まって数日後に症状が悪化する人など、同じ女性であっても千差万別です。

生理は医学用語で月経といいます。月経は月に1度の“体のお掃除”の役割があります。子宮の内部には子宮内膜という部位があります。

ここは赤ちゃんを育てる大事な場所ですが、妊娠しなかった場合には、その子宮内膜がはがれて血液と一緒に体外へ排出されます。

このとき感じるさまざまな痛みを生理痛(月経痛)といいます。

このコラムでは、生理痛に対する正しい知識と、一般的な治療法とカイロプラクティックでのアプローチの違いをお伝えしていきます。

こんな経験したこと
ありませんか?

  • 生理の時だけ腰痛や頭痛が出る
  • お腹の張りを常に感じ、生理期間は酷い便秘になる
  • 1日中眠気があり、仕事に集中できない
  • 薬を飲んでも身動き一つとれなくなる
  • 肌荒れや感情が不安定になるなど月によって症状が違う

一般的な生理痛に対しての治療法common medical care
一般的な腰痛に対しての治療法
一般的に生理痛の主な原因は、日々の生活習慣の乱れや精神的なストレスによって起こるホルモンバランスの乱れであるとされています。

その場合、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)などの痛み止めが有効とされます。痛み止めだけでは効果がない場合は、低用量ピルや黄体ホルモン剤などのホルモン剤治療を行う場合もあります。

また冷えなどが原因となる場合もあり、その場合は漢方薬も有効とされています。

ですが、薬や漢方に頼った治療法は“脳が痛みに鈍感になっている”だけで、根本原因の解決とはなりません。

考えてみてください。もし生活環境の乱れや精神的なストレスなどの外的要因が生理痛の原因だとしたら、なぜ生理痛になる人とならない人がいるのでしょうか?

ここで重要なことは、生理痛の対策法として外的要因に意識を向けるのではなく、体の内に意識を向けることです。日常生活ではさまざまなストレスを受けますし、生活習慣が乱れることや環境が変化することもあります。

それらの変化に対応し続けることは大変な作業です。だからこそ生理痛の対策として体の内に意識を向けることが大切です。

そもそも生理痛は「何かがおかしいですよ!今、体に負担がかかっていますよ!」と体が危険な状態だと教えてくれている体の内からの大切なSOSのサインです。

その体からの大切なサインをただ薬で消してしまうのではなく、問題となっている根本原因を見つけることが重要です。

カイロプラクティックでは、体の内に問題の根本原因が存在していると考えます。さまざまな検査法で問題の根本原因を特定し、生理痛に対してアプローチしていきます。
カイロプラクティックでのアプローチchiropractic approach
カイロプラクティックでのアプローチ
まず生理は女性ホルモンとは切っても切れない関係となります。中でも“エストロゲン”と“プロゲステロン”という2種類の女性ホルモンが大きく関係しています。

エストロゲンの作用によって子宮内膜が増殖し、プロゲステロンの作用で子宮内膜は厚くなり、妊娠の準備を整えます。

妊娠しなかった場合、このエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が低下します。すると今度は、はがれ落ちた子宮内膜を体外へ押し出す働きをする“プロスタグランジン”というホルモンが分泌されます。

プロスタグランジンの生成が多くなると、子宮の収縮が過剰になり、下腹部痛などいわゆる生理痛の原因となります。

またプロスタグランジンは、生理痛以外にもさまざまな痛みを強める作用があります。生理のときだけ頭痛や腰痛を感じる人がいるのはこれが原因です。

生理痛のときに飲む鎮痛薬には、このプロスタグランジンの生成を抑える働きがあり、それによって痛みを和らげる効果があります。

ですが、プロスタグランジンは月に1度の“体のお掃除”である生理に必要なホルモンです。そのホルモンを薬で抑えてしまう行為は根本原因の改善とは程遠いものとなります。

重要なことは、脳と体をつなぐ「神経の流れ」です。

カイロプラクティックは、脳が体の状態を把握するために必要な神経の流れを正常に整えることを目的としています。

カイロプラクティックケアで神経の流れを整えることで、脳が体の状態を把握することができれば、脳は決して間違いを犯しません。適切なホルモンの量を、適切なタイミングで分泌してくれます。

生理痛は決して病気ではなく、現在の体の状態を教えてくれる大切なSOSのサインです。そのサインをただ薬で消してしまうのではなく、体の内からしっかりと見つめ直していきましょう。

生理痛は毎月のことだからと諦めず、カイロプラクティックケアで根本原因を取り除き、生理の時も快適に過ごしましょう。

生理痛の患者様の声voice

薬を飲まなくても生理痛がなくなった!

生理痛がずっとありました。生理痛は最初の2日間が特に辛くて、薬を飲んでも動けなくなるほどの痛みでした。薬を飲むと強い副作用があって頭痛とかめまいが出るようになってしまいました。またストレスから不眠症にもなってしまいました。

pagetop