子宮筋腫

年々、増加傾向にある子宮筋腫の原因は神経が関係している!?

年々、増加傾向にある子宮筋腫の原因は神経が関係している!?

子宮筋腫は、婦人科系疾患の中でも発症頻度が最も多い症状の一つとされています。30歳以上の女性に多く確認され、20~30%が子宮筋腫を発症するといわれています。

子宮筋腫は年々増加傾向にあるとされていますが、その背景にあるのは女性ホルモンが長期間に渡って分泌され続けていることが考えられます。一昔前は、一人の女性が子供を5~6人産んでいた時代がありました。

産後、しばらくは女性ホルモンの分泌が安定しないことを考えると、子供一人を妊娠・出産した場合は約2年間女性ホルモンが正常には分泌されずに不安定になります。しかし現在の日本では、女性の社会進出や晩婚化などの影響もあって、子供を産んだとしても1~2人の出生率となっています。

そのため、一昔前の女性と比べると現在の日本人女性は長期間女性ホルモンが分泌され続けている状態になるため、その結果、子宮筋腫の人口は増加傾向にあると考えられています。

30歳以上の女性の約4人に1人にできるといわれる子宮筋腫は、子宮壁の筋肉が異常増殖してできるもので、そのほとんどが良性の腫瘍です。

悪性腫瘍に変化することはほとんどないとされていますが、その症状の深刻度は人それぞれ異なるため、不安に感じている女性も多いのではないでしょうか?

このコラムでは、子宮筋腫に対する正しい知識と、一般的な治療法とカイロプラクティックでの対策法の違いをお伝えしていきます。

こんな経験したこと
ありませんか?

  • 病院で良性と言われたが毎日が不安でしかたない
  • 生理の出血量が多く貧血が続いている
  • 妊娠できるのか不安を感じている
  • 便秘が酷くなりトイレが近くなったように感じる
  • 生理痛が酷くなり薬が手放せなくなった

一般的な子宮筋腫に対しての治療法common medical care
一般的な腰痛に対しての治療法
子宮筋腫ではまず良性かどうかを調べるため、超音波検査、子宮内視鏡検査、MRI検査などを行います。その後、まずは「経過観察」というのが一般的です。

その後、治療が必要と判断された場合は、ホルモン剤、鎮痛薬、鉄分などの薬物療法がありますが、根本的に子宮筋腫を解消できる薬はないとされています。薬によって無月経状態にすることで、子宮筋腫を小さくすることや、出血や疼痛を和らげる対処療法となっているのが現状です。

手術が必要と判断された場合の方法は2通りあります。子宮全部を取り出す摘出手術と、筋腫だけをとり除く筋腫核出術があります。出産を希望する場合は筋腫核出術が選択されます。

子宮筋腫の主な原因は、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が関係しているといわれていますが、そのハッキリとした原因は分かっておらず、日常生活でのストレス、食生活の乱れ、アルコールやカフェインの過剰摂取、喫煙、運動不足など外的要因が考えられます。

これらの外的要因を見直すことが子宮筋腫の対策法とされていますが、どれも根本的な改善とはならず、その場限りの対処法となってしまいます。

考えてみてください。もし生活環境の乱れや精神的なストレスなどの外的要因が子宮筋腫の原因だとしたら、なぜ子宮筋腫になる人とならない人がいるのでしょうか?

ここで重要なことは、子宮筋腫の対策法として外的要因に意識を向けるのではなく、体の内に意識を向けることです。日常生活ではさまざまなストレスを受けますし、生活習慣が乱れることや環境が変化することもあります。

それらの変化に対応し続けることは大変な作業です。だからこそ子宮筋腫の対策として体の内に意識を向けることが大切です。

そもそも子宮筋腫は「何かがおかしいですよ!今、体に負担がかかっていますよ!」と体が危険な状態だと教えてくれている体の内からの大切なSOSのサインです。

その体からの大切なサインをただ薬で消してしまうのではなく、問題となっている根本原因を見つけることが重要です。

カイロプラクティックでは、体の内に問題の根本原因が存在していると考えます。さまざまな検査法で問題の根本原因を特定し、子宮筋腫に対してアプローチしていきます。
カイロプラクティックでのアプローチchiropractic approach
カイロプラクティックでのアプローチ
子宮筋腫の原因は女性ホルモンであるエストロゲンの分泌であるとされていますが、なぜエストロゲンの分泌が原因とされているのでしょうか?

エストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンは、脳の視床下部からの指令によって卵巣から分泌されています。何によって指令が送られているのかというと「神経」を通じて行われています。

女性ホルモンに限らず、体内のホルモンバランスは各ホルモン分泌器官と脳の連携が取れていれば、適切な量のホルモンを分泌してくれます。体内のホルモンバランスは多すぎても少なすぎても体にとっては悪影響となります。

「神経の流れ」が乱れることで卵巣や子宮の状態を脳が正しく認識できなくなると、脳からの指令が正しく伝わらなくなり、過剰な量のエストロゲンが分泌されてしまい子宮筋腫を発症しやすくなってしまいます。

重要なことは、脳と体を繋いでいる「神経の流れ」です。 脳と体を繋ぐ神経の流れに異常があると、脳は体の状態を把握できず適切な対処を行うことができません。

つまりどれだけ薬を飲もうと、また生活習慣を見直したところで、子宮筋腫の根本改善とはならないのです。体の情報を脳へ届けてあげれば、脳は決して間違いを起こさずに、正しく対処してくれます。

カイロプラクティックケアで子宮筋腫の根本原因を解消し、快適な毎日を過ごしましょう!

子宮筋腫の症例紹介case introduction

pagetop