子宮内膜症

子宮内膜症は、本来あるべき子宮の内側以外の場所に子宮内膜、またはそれに似た組織が何らかの原因で発生する疾患です。この子宮内膜症は20~30代の女性で発症することが多く、近年その人数は増加傾向にあるとされています。

主な原因は女性ホルモンの分泌とされていますが、そのハッキリとした原因は分かっていません。子宮内膜症は人によって発症する部位や症状はさまざまです。

子宮内膜症が発症する主な場所は、卵巣、子宮と直腸の間のくぼみであるダグラス窩、仙骨子宮靭帯、卵管や膀胱子宮窩などがあげられます。

子宮内膜症の症状として、代表的なものは「痛み」と「不妊」です。生理痛(月経痛)は子宮内膜症を発症している90%以上の人が悩んでいる問題です。また妊娠を希望する女性にとって子宮内膜症を発症している人は、その30%が不妊に悩んでいるとされています。

このコラムでは、子宮内膜症に対する正しい知識と、一般的な治療法とカイロプラクティックでの対策法の違いをお伝えしていきます。

こんな経験したこと
ありませんか?

  • 妊娠を希望しているが不妊になると聞き不安に感じている
  • 激しい生理痛で身動き一つとれなくなる
  • 頻繁に不正出血が起こるようになった
  • 鎮痛薬も効かないほどの生理痛に襲われている
  • 生理痛とは別に下腹部痛が酷くなってきた

一般的な子宮内膜症に対しての治療法common medical care
一般的な腰痛に対しての治療法
一般的な子宮筋腫の場合、まず生理痛が酷い場合は鎮痛薬が処方されます。それでも痛みが治まらない場合は、低用量ピルなどで女性ホルモンの分泌自体を抑制します。しかし、これらは根本的な治療とはならず、対処療法となってしまいます。

子宮内膜症の原因については、現代医学でもまだ全容が解明されていません。一説では、月経時の出血が逆流して卵管や骨盤内部を通るために起こるのではないかとされています。そうなる原因は、日常生活でのストレス、食生活の乱れ、睡眠不足、運動不足、アルコールやカフェインの過剰摂取、喫煙など外的要因が考えられます。

これらの外的要因を見直すことが子宮内膜症の対策法とされていますが、どれも根本的な改善とはならず、その場限りの対処法となってしまいます。

考えてみてください。もし生活環境の乱れや精神的なストレスなどの外的要因が子宮内膜症の原因だとしたら、なぜ子宮内膜症になる人とならない人がいるのでしょうか?

ここで重要なことは、子宮内膜症の対策法として外的要因に意識を向けるのではなく、体の内に意識を向けることです。日常生活ではさまざまなストレスを受けますし、生活習慣が乱れることや環境が変化することもあります。

それらの変化に対応し続けることは大変な作業です。だからこそ子宮内膜症の対策として体の内に意識を向けることが大切です。

そもそも子宮内膜症は「何かがおかしいですよ!今、体に負担がかかっていますよ!」と体が危険な状態だと教えてくれている体の内からの大切なSOSのサインです。

その体からの大切なサインをただ薬で消してしまうのではなく、問題となっている根本原因を見つけることが重要です。

カイロプラクティックでは、体の内に問題の根本原因が存在していると考えます。さまざまな検査法で問題の根本原因を特定し、子宮内膜症に対してアプローチしていきます。
カイロプラクティックでのアプローチchiropractic approach
カイロプラクティックでのアプローチ
子宮内膜症で考える上で重要なことは、女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンです。これらの女性ホルモンの分泌量が急激に変動することによって起こると考えられます。

本来であれば、不要になった子宮内膜や血液は月経の際に膣から排出されますが、その排出がスムーズに行われずに周囲の組織と癒着して様々な障害を起こしてしまうのです。

では、なぜエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンの急激な変動が起こるのでしょうか?問題は、脳と卵巣を繋いでいる「神経」にあります。

女性ホルモンは脳の視床下部から神経を通じて卵巣へ指令が送られますが、この指令が上手く伝達されないと女性ホルモンが不必要に分泌されて子宮内膜症を引き起こしやすくなります。またエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンが急激に減少すると、今度はプロスタグランジンというホルモンが過剰に分泌されます。

プロスタグランジンは「痛み」を発生させるのが特徴となります。過剰なプロスタグランジンは強い生理痛を引き起こす原因にもなります。

女性ホルモンに限らず、体内のホルモンバランスは脳と体の各ホルモン分泌器官が、神経を通して常に情報のやり取りをして適切なホルモン量が保たれています。

体内のホルモンバランスは多すぎても少なすぎても体にとっては悪影響となってしまいます。神経の流れが正常に機能していれば、脳は体内のホルモンバランスを常に適切に保ってくれます。

重要なことは、脳と体を繋いでいる「神経の流れ」です。 脳と体を繋ぐ神経の流れに異常があると、脳は体の状態を把握できず適切な対処を行うことができません。

つまりどれだけ薬を飲もうと、また生活習慣を見直したところで、子宮内膜症の根本改善とはならないのです。体の情報を脳へ届けてあげれば、脳は決して間違いを起こさずに、正しく対処してくれます。

カイロプラクティックケアで子宮内膜症の根本原因を解消し、快適な毎日を過ごしましょう!

子宮内膜症の症例紹介case introduction

pagetop