不眠症

不眠症は自律神経のバランスを<br />
整えれば解消できる!

不眠症は自律神経のバランスを
整えれば解消できる!

世界保健機関(WHO)が中心となって設立した「睡眠と健康に関する世界プロジェクト」の基準に則った調査結果で、日本人は約半数の49.3%が不眠症の疑いがあるという統計データがあります。

また別の統計では日本人の約7割の人が「自分の睡眠に不満がある」と回答している調査結果もあります。

ISSP国際比較調査によれば、日本人男性の50%が「自分の仕事にストレスを感じることがある」と回答しており、日本人女性も46%という高い数字となっています。

これは参加した31カ国の中、男性は第1位、女性も第4位という数字です。

ストレスと睡眠は密接な関係があるといわれており、日本はまさに不眠超大国といって差し支えありません。

このコラムでは、不眠症に対する正しい知識と、一般的な治療法とカイロプラクティックでのアプローチの違いをお伝えしていきます。

こんな経験したこと
ありませんか?

  • 布団に入ってから2~3時間寝つけなくて夜中に何度も起きてしまう
  • リモートワークが増えて眠れない日が増えた
  • 睡眠不足で常に体が重だるく、朝起きても回復していないように感じる
  • 睡眠薬がないと眠れないという不安が常にあり悪循環に陥っている
  • 眠れない日が続いて、日中に動悸や息切れがする

一般的な不眠症に対しての治療法common medical care
一般的な腰痛に対しての治療法
一般的な不眠症の治療法は、大きく分けて2種類あるとされています。

一つは、睡眠薬などの「薬物療法」があります。うつ病などから不眠症が併発している場合は睡眠薬以外の薬も処方されるケースが多くあります。

もう一つは、「非薬物療法」です。規則正しい食生活に見直したり、アルコールやカフェインの摂取を控えたり、喫煙をやめたり、生活習慣に適度な運動を取り入れたり、日常のストレスから離れたりするように指導されます。

それ以外では、マクラやマットレスなど寝具を変えるといったこともありますが、どれも根本的な解決とはなりません。

考えてみてください。もし生活環境の乱れや精神的なストレスなどの外的要因が不眠症の原因だとしたら、なぜ不眠症になる人とならない人がいるのでしょうか?

ここで重要なことは、不眠症の対策法として外的要因に意識を向けるのではなく、体の内に意識を向けることです。日常生活ではさまざまなストレスを受けますし、生活習慣が乱れることや環境が変化することもあります。

それらの変化に対応し続けることは大変な作業です。だからこそ不眠症の対策として体の内に意識を向けることが大切です。

そもそも不眠症は「何かがおかしいですよ!今、体に負担がかかっていますよ!」と体が危険な状態だと教えてくれている体の内からの大切なSOSのサインです。

その体からの大切なサインをただ薬で消してしまうのではなく、問題となっている根本原因を見つけることが重要です。

カイロプラクティックでは、体の内に問題の根本原因が存在していると考えます。さまざまな検査法で問題の根本原因を特定し、不眠症に対してアプローチしていきます。
カイロプラクティックでのアプローチchiropractic approach
カイロプラクティックでのアプローチ
睡眠で必要となるのが“セロトニン”と“メロトニン”という2つのホルモンです。

セロトニンは全体の90%以上が腸で作られます。脳からは全体のたった2%しか分泌されていませんが、このたった2%が人間の精神面に大きな影響を与えているといわれています。

セロトニンは太陽光を浴びることで分泌を促すことができますが、夜眠るときに必要なメロトニンというホルモンの材料にもなります。

太陽光を浴びてセロトニンが分泌されてから15~16時間経つと、メロトニンが生成されて、深い眠りに入ることができます。

この睡眠に必要な2つのホルモンを正しく分泌させるためにもっとも重要なことは、脳と体をつなぐ「神経の流れ」です。

人は太陽光や温度変化、湿度などの環境変化によって体内時計が調節されています。

例えば、朝日が昇れば体が活動できるように交感神経が働き、日が沈むと体が休息できるように副交感神経が働きます。

カイロプラクティックは、脳が体の状態を把握するために必要な神経の流れを正常に整えることを目的としています。

カイロプラクティックケアで神経の流れを整えることで、脳が体の状態を把握することができれば、脳は決して間違いを犯しません。

環境の変化に合わせて、適切に自律神経のバランスを整え、適切なホルモンの量を、適切なタイミングで分泌してくれます。

不眠症は決して病気ではなく、現在の体の状態を教えてくれる大切なSOSのサインです。そのサインをただ薬で消してしまうのではなく、体の内からしっかりと見つめ直していきましょう。

睡眠はすべての生物にとっての回復期であり、私たち人間も例外ではありません。

カイロプラクティックケアで根本原因を取り除き、快適な睡眠を手に入れましょう。

不眠症の患者様の声voice

睡眠薬無しでも眠れるようになって、生理痛もなくなった!

子供の頃から眠れなくて高校受験の頃には睡眠薬無しでは眠れなくなりました。同時期から生理痛も酷くて、ずっと体調が悪かったです。あとは末端冷え性も辛かったです。せっかく就職できた会社も辞めることになり、憧れだった一人暮らしも続けられなくなりました。私のこの先の人生、どうなっちゃうんだろうと不安しかありませんでした。

pagetop