イライラ

日本の幸福度は先進国の中でも最低順位!?

日本の幸福度は先進国の中でも最低順位!?

世界幸福度ランキングという調査において、日本の順位は2020年62位、2021年56位、2022年54位と着実に順位を上げている現状があります。これは先進諸国の中では最低順位となっており、残念な結果でもあります。

現代人の生活では「ストレスのない人はいない」と言われますが、2022年に厚生労働省によって行われた「生活実態調査」では、日常生活での悩みやストレスが「ある」と回答した人は、全体のおよそ75%以上にのぼることが分かりました。

世界的に見ると幸福度を感じにくい人種であるということは分かりましたが、なぜ勤勉な日本人は幸福度を感じずにイライラしてしまうのでしょうか?

このコラムでは、イライラに対する正しい知識と、一般的な治療法とカイロプラクティックでの対策法の違いをお伝えしていきます。

こんな経験したこと
ありませんか?

  • 何気ないことでイライラしている自分が嫌になる
  • イライラしてつい物にあたってしまう
  • ストレスを感じると食べ過ぎてしまう
  • 過呼吸になるほどイライラしてしまう
  • 仕事のストレスを家族にぶつけてしまったことがある

一般的なイライラに対しての治療法common medical care
一般的な腰痛に対しての治療法
一般的なイライラの対策として、ビタミンB群が不足すると感情のコントロールがされにくくなるとされていますが、ほとんどの場合はストレスがかかる外的要因を徹底的に排除することが求められます。

またヨガでの運動、アロマのリラックス、太陽光を浴びるなどを行うことでストレスを緩和するなども有効とされています。

イライラの主な原因としては、日常生活でのストレス、糖質に偏った食生活、睡眠不足、アルコールやカフェインの過剰摂取、喫煙、運動不足など外的要因が原因であるとされています。

これらの外的要因を見直すことがイライラの対策法とされていますが、どれも根本的な改善とはならず、その場限りの対処法となってしまいます。

考えてみてください。もし生活環境の乱れや精神的なストレスなどの外的要因がイライラの原因だとしたら、なぜイライラする人としない人がいるのでしょうか?

ここで重要なことは、イライラの対策法として外的要因に意識を向けるのではなく、体の内に意識を向けることです。日常生活ではさまざまなストレスを受けますし、生活習慣が乱れることや環境が変化することもあります。

それらの変化に対応し続けることは大変な作業です。だからこそイライラの対策として体の内に意識を向けることが大切です。

そもそもイライラは「何かがおかしいですよ!今、体に負担がかかっていますよ!」と体が危険な状態だと教えてくれている体の内からの大切なSOSのサインです。

その体からの大切なサインをただ薬で消してしまうのではなく、問題となっている根本原因を見つけることが重要です。

カイロプラクティックでは、体の内に問題の根本原因が存在していると考えます。さまざまな検査法で問題の根本原因を特定し、イライラに対してアプローチしていきます。
カイロプラクティックでのアプローチchiropractic approach
カイロプラクティックでのアプローチ
カイロプラクティックでイライラに対して最も考えられる原因は、自律神経の乱れによるホルモン分泌異常です。

特に着目したいのは「セロトニン」というホルモンです。セロトニンは脳内神経伝達物質の一つで、別名「幸せホルモン」と呼ばており、人間の感情面において心を安定させて幸せを感じやすくする作用があります。

セロトニンは、その総量の90%以上を腸から分泌しています。体の司令塔である脳からはたった2%しか出ていないとされていますが、このたった2%が人間の精神面に大きな作用を及ぼしているのです。

人間はストレスが掛かると交感神経を優位に働かせ、その場の環境に適応しようとします。その状態が長く続くと、交感神経が過剰に働き過ぎてしまい、交感神経のスイッチが切れなくなってしまい自律神経のバランスを乱すのです。

通常、人間はストレスに対抗する手段を持っていますが、ストレスが掛かりすぎて脳機能が低下するとセロトニンが上手く作用しなくなります。では、脳にとって一番のストレスとは何でしょうか?

それは「神経の流れ」が滞り、体の情報を得られなくなることです。幸せホルモンである「セロトニン」や、ストレス対抗ホルモンと呼ばれる「副腎皮質ホルモン」などは、ホルモンの各分泌器官と脳が神経を通じて連携を取れているからこそ、正しい量のホルモンを正しいタイミングで分泌してくれるのです。

重要なことは、脳と体を繋いでいる「神経の流れ」です。 脳と体を繋ぐ神経の流れに異常があると、脳は体の状態を把握できず適切な対処を行うことができません。

つまりどれだけ薬を飲もうと、また生活習慣を見直したところで、イライラの根本改善とはならないのです。体の情報を脳へ届けてあげれば、脳は決して間違いを起こさずに、正しく対処してくれます。

カイロプラクティックケアでイライラの根本原因を解消し、快適な毎日を過ごしましょう!

イライラの症例紹介case introduction

pagetop